2021年6月13日:ブレイクアウトトレード手法 BOSSの販売を開始しました。詳しくはここをクリック!

+15万3千円:4時間足乖離率トレード

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

再びこんばんは~。

意外と最近反響の多い4時間足の乖離率トレードです。

EUR/USD4時間足チャート
トレード履歴

チャートにあれこれ表示する意味あるの?と言うのを体現している様な4時間足乖離率トレード。今月は現時点でGMMAトレード手法を使った1時間足トレードよりも、ローソク足トレード手法を使った日足トレードよりも稼いでいるという皮肉さ。

ですが単にこれは最近朝から何かと忙しい私が4時間足トレードがタイミング的に一番手を出しやすい事にも起因していますね。従って手法それぞれのパフォーマンスを如実に表している数字かと言われると全然違います(*‘ω‘ *)

今日はかなり短期売買だったので収支はしょぼいですが・・・ユーロドルで売ってドルカナダで買う。際立って、とは言えませんがこの2つのペアは概ね負の相関なのでこの様なトレードも可能です。建玉時間をご覧ください。1分差で建てています。

つまり負の相関関係が働いているのであれば、ユーロドルの売り時はドルカナダの買い時という事ですからそれを実行するとこんな建玉になりますよって事です。

「4時間足のユーロドルは少し下がりそうだな・・・じゃぁついでにドルカナダは買っておこうか」というノリですね。

いずれもトレンドに対しては逆張りになるので利食いは浅めでとっとと逃げていますし、負の相関で売りと買いを行うと言う事はヘッジではなくダブルリスクなのでこの点は注意が必要です。

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

乖離率を使った12月の4時間足トレード累計損益:+549万7千円

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け15億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ている2つのトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる