2021年6月13日:ブレイクアウトトレード手法 BOSSの販売を開始しました。詳しくはここをクリック!

+1797万3千3百円:週足ローソク足トレード

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

こんばんは。

超久しぶりの記事更新ですがローソク足トレード手法を使った週足トレードです。

GBPUSD週足チャート
トレード履歴(FX)
トレード履歴(CFD)

前回の記事更新が8月18日でした。

ですので約1か月半近くぶりの記事ですが、あれ以降も履歴の通りで建玉をちまちまと続けていました。

昨日ここらで一区切りをとFXの方をまとめて決済。そして今日つい先ほど最後まで残っていたオランダ25の売り玉を決済して週足は一旦ノーポジに。

1か月半ドマイナー通貨も含めて色々やってみましたが、DKKだとかNOKだとかトレードしなくてもいいんじゃないか?と感じました。勝とうが負けようが否応なくかかってくる金利が地味に大きいです。頭ではわかっていたつもりですが実際こうして履歴で見てみると、やはり金利の大きさが目立ちますしトレードする旨味が個人的にそこまで感じられませんでした。

仮想通貨に至っては週足チャート自体がそもそも出来上がっていない銘柄もちらほらあり、ローソク足の有効性が確認できないというトレード以前の問題に直面している銘柄もちょこちょこあります(笑)

ちょっと明日あたりこの辺を精査してトレード対象銘柄を減らすかもしれません。その場合はまたお知らせします。

それと前回の記事では損益を”今月の”と書いていますが、そもそも週足は1か月に4本か5本しか立ちませんので”今月の”という区切りも無理があったなぁと思います。ですので今回から”今年の”という表記に変えて1年間通しての損益でまったりやっていきたいと思います。

何はともあれ週足トレード。日足以上にローソク足や移動平均線といった単純なテクニカルが良く効いています。

これはもっともな事で、市場をけん引する程の大口トレーダーはほぼほぼ月足や週足といった大きな時間軸を意識して常に玉を建てているからに他なりません。先般から相場見通し動画でも取り上げているゴールド月足ミドルの件もこの事を如実に物語っています。

いずれにせよ楽しいです。チャートを見るのも建玉する時つまり週初めと、後は週末にちらっと確認するぐらいでストレスも全くありません。何を建てて何を見送ったのかすら覚えていないので日足以上にまったりトレードできる一方で、損益は相対的に大きくなるのでメリットしか感じられない時間軸です(*’ω’*)

ローソク足トレード手法を使った2021年の週足トレード累計損益:+1919万2千円

※100円単位は切り捨てています!

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け15億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ている2つのトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる