+963万4千円:週足ローソク足トレード(FX&CFD)

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

2022年からトレード履歴の画像は盗用対策の為、注目度は低いものの当事者しか知りえない情報である金利(スワップ)欄を一律黒く塗りつぶしています。金利は主にマイナスですがプラスもあり、記事の損益は金利分も合算した金額です。ご了承ください。

おはようございまーす。

ローソク足トレード手法を使った週足トレードです。

前回記事が5月7日という事で、おおよそ1か月半ぶりの更新となりました。

イーサリアム週足チャート
トレード履歴(FX)
トレード履歴(CFD)

画像は仮想通貨のイーサリアム。

4月11日に売り建て開始から今日つい先ほどまで実に2か月半に渡って保有していました。

結構タイトにストップロスを引き下げしてきましたがそれすらもヒットせずどんどん含み益が育つ地合い。最終的に今朝「あーもうそろそろいいかな。結構戻してきてるし。」と言う感じで手動決済しました。長かった。

そのままCFDで話を進めると、株価指数も大きな稼ぎ頭になってくれました。いずれもタイト目なトレールで地合いを追いかけていたので今週の調整的動きで軒並み決済となっていますが、もとより株価指数の売りであまり引っ張るつもりは毛頭なかったのでこれで良しですし、再度売り建てのシグナルが出たらまた売りで攻める事になるでしょう。

とにかく良い位置でローソク足の売りシグナルが示現。利が伸び始めたら建値ストップ以降は含み益を確保しつつトレールで地合いを追いかける。やってた事はこれだけです。

FXの方も着実に利益の積み上げができました。

因みに微益或いは微損で決済となってる玉は建値決済の玉です。滑ってるのでこうした小さな損益が生まれます。

やはり週足でのトレードは短い時間軸特有のノイズに振り回されない点が大きな利点です。ノイズが少ないと言う事は、ノイズも込みで価格を拾ってなんらかの形状をチャート上に描画するあらゆるテクニカル指標も効きやすいと言う事です。ローソク足トレード手法で言うとフィルタリングに使う移動平均線がそれですね。

テクニカルが効きやすいと言う事は当然世界中の大口トレーダーも知っている訳ですから彼らも週足メインでのトレードが多くなり、その結果私の様な一般のトレーダーの建玉根拠もそれに類する場所からとなりますから、更にテクニカル指標の信頼度が向上する・・・つまりノイズが少なくなる、と言う良い循環が発生しやすいです。

時間軸が短くなればなるほど「ここから上昇する!」「いーや下落だ!!」と思惑が錯綜しやすいですし、市場コンセンサスも瞬間瞬間でうつろう訳です。

さて、もうじき7月です。

7月と言えば気の早い(或いは既にノルマを達成した優秀な)大口トレーダーはぼちぼち夏季休暇に入ろうかと言う時期。7月頭から9月末にかけては徐々に商いが薄くなりますが、引き続き調子を崩さず堅実に利益を狙っていきたいところです(‘ω’)ノ

ローソク足トレード手法を使った2022年の週足トレード累計損益:+3011万2千円

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け15億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ているトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる