サイトデザイン変更中につきお見苦しい点はご容赦ください

GMMAヒストグラムで相場の転換点を探る

臨時のお知らせ

11月2日~5日頃まで引っ越しの為にネットが使えなくなります。従ってこの間のブログ更新はお休みさせて頂きます。

詳しくはこちらのお知らせをご覧ください。

しばしご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

昨日から販売を開始した「トレード補助用インジケーター」シリーズの中から、GMMAヒストグラムについて解説してみたいと思います。

上記リンク先ページでも解説していますが、これは任意のGMMA(短期GMMA、長期GMMAそしてかんたんFXオリジナルの超長期GMMA)のいずれかをチャート下部にヒストグラムで表示させるインジケーターです。

デフォルトでは長期GMMAがヒストグラム表示されるようになっていますが、これの見方使い方について。

要はトレンドの転換点を探るという目的で使用しますが、ヒストグラム化する事でダイバージェンスそしてコンバージェンスが非常にわかりやすくなります。

ここでダイバージェンスとコンバージェンスを詳しく説明はしませんので、ご存知でない方は別途テクニカル系の書籍などで勉強してみてください。

ダイバージェンス
※クリックで拡大します

まずダイバージェンスから。

チャート左の上昇トレンドに注目。

ローソク足は高値を切り上げているのに、チャート下部のGMMAヒストグラム(長期GMMA設定)は高値を切り下げています。価格は上がっているのにヒストグラムは下げてきている・・・これは下降トレンドへの転換か!?という判断ができるのがダイバージェンスです。

コンバージェンス
※クリックで拡大します

続いてコンバージェンス。

チャート右側の下降トレンドに注目を。

ローソク足は切り下げてきているのに、チャート下部のGMMAヒストグラムは切り上げてきている・・・これはもしかすると上昇トレンドへの転換か!?という判断が可能になります。

ダイバージェンスやコンバージェンスが絶対にトレンド転換を予言するという事ではありませんが、非常に高い確率で機能します。従ってGMMAでトレードする場合にトレンドが終焉してきているかもしれない地点からの無駄なエントリーを回避できるという事です。

以上簡単ではありますがGMMAヒストグラムの使い方でした。

興味のある方はトレード補助インジケーターのページもご覧ください。

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け5億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ている2つのトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる