2021年6月13日:ブレイクアウトトレード手法 BOSSの販売を開始しました。詳しくはここをクリック!

6月4日:注目銘柄今日の見通し

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

おはようございます!

今日の東京は荒れ模様の天気。そして今日の相場も大荒れになるでしょうか。そんな6月4日、注目銘柄今日の見通しです。

USD/CAD1時間足チャート

今日の相場が大荒れになるとするならば、その筆頭となりそうなのがUSDCAD。

あ、一応書いておくとここで言う”大荒れ”は乱高下だけではなく鬼のような一方通行地合いも指しています。切るに切れずに祈りと共に持ち続けている反対ポジが軒並み刈り取られていくその様。「何故もっと早く切らなかったんだ」「なぜイケると思って大きなロットで張ってしまったんだ」・・・天を仰ぎながらわが身の不運を呪い涙する様子は”大荒れ”の表現にとてもマッチするかと思います(*’▽’)

という事にはならないのがGMMAトレード手法ローソク足トレード手法ですよね。

マニュアルに定められた通りの資金管理法を守っている限り、仮にどんな大荒れ相場でポジションが損切りになったとしても、失う金額は貴方が最初に取り決めたごくわずかの金額しか減らないんですから。

という訳で今日の全体的に荒れ模様になりそうな相場も資金管理を徹底して乗り切りましょう。

さてUSDCADですが、月足チャートでは2004年11月に初めてその存在が市場参加者によって意識されてからこれまで何度も意識され続けてきた水準で綺麗に反発しました。2020年3月以降怒涛の下げはこの水準までの下落を目指していたようです。ひとまずは。

更に言うとこの水準で2015年4月と2017年9月に反発上昇している実績もありますから、今回も同様にこのまま反発上昇するのか?というのが大局の見極めになりそうです。

話を1時間足に戻すと、月足でそれだけ反発要素があるなら今日以降買い場探しが順当なのでは?と言う目線になりそうですよね。しかもUSDCADはアメリカ雇用統計の前にカナダの雇用統計発表も控えているので、沢山動く要素が今日は目白押しな予感がします。

日足以下の短期売買トレーダーも最近のUSDCADの下げにはそろそろ飽きが来ているでしょうし、月足の節目で大量に利食いが入った事もこの反発の一因ですからここから1000pips前後の上昇はありえるかもしれません。

やたらと長くなってしまいましたが、ここからしばらくは目が離せなくなりそうなUSDCADです。今日買い場を探すにしてもしっかり下げてきたところから買うようにしましょう(‘ω’)ノ

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け15億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ている2つのトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる