オンラインマニュアルのパスワードを変更しています。詳しくはこちらをクリックしてください。

+67万5千円:4時間足GMMA手法ローソク足手法併用トレード

臨時のお知らせ

①11月2日~5日頃まで引っ越しの為にネットが使えなくなります。従ってこの間のブログ更新はお休みさせて頂きます。

詳しくはこちらのお知らせをご覧ください。

しばしご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。


②購入者様用のオンラインマニュアル閲覧パスワードを変更しました。

詳しくはこちらのお知らせをご覧ください。

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

こんばんは。

21時半発表の米雇用統計ですが、思ったよりも素直な動きになりましたね。私はこの雇用統計の勢いを借りて4時間足でちょっぴり頂いておきました。

EUR/USD4時間足チャート
トレード履歴

いつもの通りですが、真ん中の赤いラインが売りエントリー位置です。上のラインが損切りを置いた位置で、下のラインが利食いした位置です。

特に変わった事はしていません。GMMAトレード手法のマニュアルにもある長期GMMAと超長期GMMAの間に存在する隙間狙いの売りトレードですね。ユーロドルは前日に一度長期GMMAを下にブレイクしていますし、ポンドドルもヒゲだけですが一応ブレイクの兆しは見せていました。

という点に注目しての米雇用統計を迎え、値動きを見ているとやっぱり下方向続伸の動き。急遽売り玉を建てて損切りはルール通りに置いた上で手動で利食いを入れています。

利食いを手動にしたのは下方向続伸したもののそこまで一気呵成に下げなかったからです。つまり言う程売り方の数が多くないのかな?という事で利食いを早めました。もしかしたらここから更に下落の展開も十分にありえるでしょうけどそれはそれ。1回のトレードで大きく狙うと大抵芳しくない結果に終わるのでさっさと引き上げました(*‘ω‘ *)

一度利食いと損切りを決めたら動かさない!というのもアリですが、そして損切りを後から広く動かすのは禁物ですが、利食いに関しては場の状況を読んで裁量で決済するのは全然構いません。どちらが結果としてパフォーマンスが上か?については後にならないとわからないのでどっちが良いとは一概には言えませんが・・・根拠ある利食いには結果がどうであれ価値があると思っています。

何故1時間足ではなく4時間足トレードだったのか?についてですが、1時間足だとやはり些細なノイズに振り回されてしまいますので、同じリスクを取るのなら損切りも利食いも幅のある4時間足をチョイスした次第です。

誤解の内容に書いておきますがいつも雇用統計などの大きな指標を狙ってトレードしている訳ではありません(笑)今日はたまたまこの時間にチャートを見ていられたのと、そして先ほどの建玉理由があったからにすぎません。

ともかく、狙い通りのトレードができました(‘ω’)ノ

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

GMMA手法ローソク足手法を使った9月の4時間足トレード累計損益:+82万6千円

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け5億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ている2つのトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる