2021年6月13日:ブレイクアウトトレード手法 BOSSの販売を開始しました。詳しくはここをクリック!

+59万8千円:1時間足GMMAトレード

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

こんばんは!

GMMAトレード手法を使った昨日と今日のトレードです。

CHF/JPY1時間足チャート
トレード履歴

1万円前後の決済は全てツールによるブレイクイーブン発動後に逆行で決済となった分です。それ以外は試験的にやっている損切り一律20pips作戦ですが、その前に「だめだこりゃ」と思って切っています。利食いは利益が20pips到達時点で発動するトレーリングストップによるもの。

今一度書いていますがツールはこれです。

切に思うのは「時期が悪すぎた」という事(笑)

この薄商いの中で試すべき事ではなかったなーとひしひし感じていますが、乗りかかった船なので今しばらく続けるつもりです。

今のところ心の中で引っかかっているのが「一律20pips損切り」の点。ポンドが絡むともうちょっと余裕が欲しいかも、と思わなくもないラインです。なので一律損切りを継続するなら当初30pipsにしておいて、建玉後にそこからストップの距離を調整するという形がいいのではと考えています。明日はこれを試す予定です。

となると利食い方向も当初利食いを30pipsにする必要があるのでブレイクイーブン発動は+15pips到達時点で発動となるでしょうか。

まぁこの辺り、常に動いている相場で最適解はないものと思っていますが・・・だとしてもある程度通用する数値設定を見つけ出しておけば今後も楽できるかもしれないなぁと考えています(*’ω’*)

これでもまだしっくりこないとなると、銘柄毎にその時のATRの3倍で利食いと損切りを置きつつ、半値でブレイクイーブン発動スタイルとなるでしょうか。ただしこれはツールへ建玉時に都度入力となるのでどこまでタイムラグをなくすことができるか?という別の課題が生まれそうです(笑)

という感じてこの薄商いにあれこれやりつつも、どうにか利益を残す事ができました。これもひとえにGMMAでしっかり流れを見ているからだと思います(‘ω’)ノ

GMMAトレード手法を使った8月の1時間足トレード累計損益:+253万7千円

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け15億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ている2つのトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる