+174万3千円:1時間足GMMAトレード

記事内の画像はクリックすると拡大表示しますので見辛い場合は適宜拡大してご覧ください。クリックで拡大表示した画像は再度クリックすることで元のサイズに戻ります。

2022年からトレード履歴の画像は盗用対策の為、注目度は低いものの当事者しか知りえない情報である金利(スワップ)欄を一律黒く塗りつぶしています。金利は主にマイナスですがプラスもあり、記事の損益は金利分も合算した金額です。ご了承ください。

こんばんはー

GMMAトレード手法を使った昨夜から現在までの1時間足トレードです。

GBPCAD1時間足チャート
トレード履歴

履歴上から3つは今日の相場見通し動画で解説したのでここでは割愛。

それにしても、さすがクリスマス相場。本当に商いが薄いです。

履歴最後のポンドカナダ売りは今日の15時から建てました。画像に赤で実線と破線を引いていますが、私がブレイクアウト売りの注文を出したのは上の実線の方。

いつもやっていますしブログや動画で何度も何度も登場している「抜けて戻ってからの直近安値売り」のパターンです。

直近安値からのブレイクアウト売りで下に見える週足ミドル手前辺りで損益比率1:1で利食い・・・と言うのがこの建玉の意図ですが、実際に約定したのはその週足ミドルのほんの少し上に引いている赤の破線水準でした(笑)

売り注文発注後は本業の仕事やらやっていたのでチャートをじーっと見ていなかったのですが、履歴を見てびっくりしました。

これは滑った云々と言う話ではなく、商いが薄いが故に起きた事故です。

普段から「はい売り~」「よっしゃ買い~」とかやっているとつい忘れがちになりますが、我々が売りだの買いだのと注文を出すその先には世界のどこかで反対注文で受けてくれる人がいる訳です。だから注文が通る。

ところがクリスマス相場でかねてから私が言っているように「クリスマスなので相場に人が居ない」状態になっているので、要は私の売り注文をその価格で受けてくれる相手が居なかった、と言う事です。なのでどんどん売り注文の価格は下がっていき、ようやっとこさ破線の価格で受けてくれる人が見つかったんですね。

決済注文も同様で私が意図していた水準での決済とはならず、何せ新規売りが相当下なので決済も下になりましたがどうにか利食いで終わっています。

チャートだけ見ていれば「クリスマス相場とか言いながら動いているじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、そうじゃないよ商いはべらぼうに薄いんだよって事の証左がこのトレードですね。新規売り約定から決済まで1秒ですよ。もうめちゃくちゃ(笑)

さてこれから夜の部ですが、まぁこれに懲りずにチャンスは窺いつつチャートチラ見はしておきます。とは言え現段階でこれから新規の建玉で目ぼしい銘柄はなさそうですが(‘ω’)ノ

GMMAトレード手法を使った2023年12月の1時間足トレード累計損益:+899万9千円

ブログ更新の励みになるので是非応援クリックをお願いします!!

私と同じトレード手法を使って、貴方自身が億トレーダーを目指しませんか?

私が10年以上使い続け15億円以上を稼ぎ出し、今現在もコンスタントに毎月1000万円以上の利益を得ているトレード手法を販売しています。「トレードで継続してなかなか勝てないな」とお悩みなら、私のトレード手法を学んでみてください。私のトレード手法を学び、今では金融資産1億円を突破した億トレーダーは何人もいらっしゃいます。私のブログに出会ったのもそして私のトレード手法に巡り合ったのも何かのご縁だと思いますので、この機会を逃さずに本気で億トレーダーを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次